大五通商では包装・出荷を省力化、効率化するプラント設計や、各種包装資機材の最適化をご提案します。また、高品質な乾燥野菜やうなぎのかば焼きなど食品の製造・加工・販売と、販売代行も行っています。

DAIGO GROUP

大五グループ

機械・パッケージ部門

食品の生産・流通の最適化

機械・パッケージ部門

事業内容

機械部門

皆様のご要望、商品や生産現場の特色を起点として、世に数あるマシンの中から最適なチョイス・セッティングをご提案する。皆様が最適化を望むとき、私たちのネットワークと厳選の視点が目覚めます。多種多様な機械メーカー、包装機器・附帯機器。特徴や持ち味もそれぞれに異なります。

●貴社の商品・生産体制にとって最適なマシンをスピーディーに厳選し、ご提案。
●より高度な最適化をめざして、様々なメーカーのマシンをセッティング。
●既製のマシンでは目的を達成できなければ、手を加えて独自にカスタマイズ。
●ライン設計をトータルに担う。

そうした柔軟で起動力あふれるサポート機能が「食品をめぐる総合商社」たる私たちの真価です
貴社の外部プロジェクトとして最適化にこだわります。
それを現実へと導くのは、長年の経験・実績が培ってきた独自のネットワーク、機械メーカーそれぞれの特性に精通し、的確な機器選定の最短距離を行く独自のノウハウ、そして、日頃からの徹底した情報収集力にあります。

私たちはこれからも地道に、情報収集・各種の研究会を行い、商社としての機能性を研ぎ澄まし、各種製造・包装ラインまた包装資材、食材もカバーする総合力を駆使しております。
省力化や安全性、低コストを基本としながら、商品や現場と息の合っている包装機器・附帯機器をご提案します。

機械部門

JA新はこだて知内基幹支店様
ニラ計量包装システムライン

機械部門

JA新はこだて知内基幹支店様
ニラ計量包装システムライン図
クリックで拡大

省人化の必要性

最近の傾向として、全国的に人手不足が大きな問題となっております。機械を所有しているにも拘らず人手不足により機械を稼働させられず販売機会をロスしてしまったり、残業対応による人件費のコストアップに繋がっているのではないでしょうか?
東日本大震災以降、東北沿岸部に限らず人手不足問題は、全国的に分野を問わず問題となっております。
そこで、弊社と機械メーカーの長年の実績を駆使し、貴社へ省人化ラインの御提案をさせて頂き、販売戦略への御協力をさせて頂ければと思い、次項以降に事例を御説明させて頂きます。

事例①

米菓ライン比較

【導入前】
人手作業による包装機への原料供給

包装能力 150回転/分 3名×2台
≪能力計 300回転/分 6名≫

【導入後】
自動供給機を導入し省人、省力化

包装能力 380回転/分 6名

【導入前】
手作業による外装袋詰め及びシール

手作業による袋詰め
3袋/分×7~9名(シール者含)
10入×3袋×7名=210袋(内装品能力)

【導入後】
自動供給機を導入し省人、省力化

包装能力 38回転/分 3名(調整者含) 10入×38回転=380袋(内装品能力)

米菓ラインの流れ

自動供給機

個包装機

検査機器

トレー供給機

金探+箱詰め作業

印字検査機

外装包装機

自動集積装置

自動集積装置

外装包装機

印字検査機

金探+箱詰め作業

米菓ラインまとめ①

【導入前】

◆トータル人員/12名
◆供給3名、袋詰7名、箱詰2名
◆生産量/7,200袋(8時間稼働とした場合)
◆原料供給などのサポート2名は上記人数には含みません。

【導入後】

◆トータル人員/12名
◆供給6名、補助3名、箱詰3名
◆生産量/18,240袋(8時間稼働とした場合)
◆原料供給などのサポートは上記人員内で対応している。

米菓ラインまとめ②

【導入前】

◆包装機/15,000,000円
 同じ能力を出すには1台購入しなければならない。
◆人件費/103,680,000円
 人員も約2.5倍の増員が必要となった場合の計算です。
 ・時給:1,500円/人
 ・8時間
 ・24日
 ・12名×2ライン
 ・稼働・1年間を目安
◆同じ能力を出すためのコスト 118,680,000円

【導入後】

◆包装ライン/93,600,000円
◆人件費/41,472,000円
 導入前の同条件目安
◆設備コスト:+78,600,000円
 人 件 費 :△62,208,000円
 差   額:+16,392,000円
◆設備コストの方が上回っているが、今回の包装ラインを導入すれば削減人員を他ラインへ配置出来、生産性アップも見込める事から、導入に至りました。

事例②

畜肉加工品ライン流れ

樋投入 > 樋高圧洗浄 > 水切り > 温風乾燥 > 油塗布 > 充填
充填機に関しては、オリジナル機のため画像はお見せする事は出来ません。

畜肉加工品

①洗浄
①3人で、型取り樋洗浄。
 *数日に分けて洗浄
 (300本目安・3名×1日)
②ラード塗布
②2名で、ラード塗布。
 *前日準備が前提。
 (300本目安・2名・1日)
 *ピーク時は、当日朝にも作業が残る

この様な問題点を改善したいと要望を受けました。

畜肉加工品ライン比較

【導入前】

◆トータル人数/最大6名+α
◆洗浄3名・塗布2名・投入者1名・充填管理者1名
◆生産量/300本目安
 事前準備日を含め、最大2日間
◆充填管理者が、原料準備等を兼務する事が基本ですが、サポート1名を必要な場合あり。

【導入後】

◆トータル人数/最大2名
◆投入者1名・充填管理者1名≪充填管理者がサポート兼務≫
◆生産量/300本目安 1日

畜肉加工品ラインまとめ

【導入前】

◆人件費/6,480,000円
 ・時給:1,500/人
 ・6名作業、6時間/日
 ・24日/月稼働、5ヵ月とした目安

【導入後】

◆洗浄機/11,500,000円
◆人件費/2,160,000円
 導入前と同条件目安(作業者は2名)
◆人件費差額/4,320,000円
 洗浄機の希望償却期間4年以内をクリアできた事から導入に至りました。

パッケージ部門

商品があって、包装機器があって、売りに直結するデザインや形状があって、最適な包装資材が決まります。

だからこそ、商社の総合力・提案力が生きてきます。

包装資材の供給者の使命は、ご要望に応える資材を単に選りすぐるだけではありません。商品特性や生産機器の状況、さらには流通ルートと市場をにらみながら、資材のプロとして最適なご提案をいたします。そしてデザインから設計、印刷などの附帯業務をトータルに支援することで、多品種化の時代、包装が商品力の大きな一翼を担う時代は、そうした機能が不可欠と言えましょう。私たちが提案性の高いスタンスを貫くことができたのは、食品に特化した総合商社だからにほかなりません。食品包装を熟知し、包装機器を知り尽くしているからこそ、幾多のメーカーが開発した多彩な資材のなかから、ベストチョイスが可能。さらに容器、トレー、ダンボール、ラベルなどの附帯資材も、ご希望に合わせた形状・サイズで自在にご用意。皆様が熱意を込め、夢を託す開発商品を、最適な包装プランで包みます。

パッケージ部門

取扱商品

機械部門

  • 省人化設備:設計、製作
  • 大五オリジナル トレー供給機
  • 各種包装機:横ピロー包装機、縦ピロー包装機、深絞り包装機、給袋包装機、真空包装機
  • 各種計量機:全自動計量機、半自動計量機、計数機
  • 各種検査機器:X線異物検査装置、金属検出機、ピンホールチェッカー
  • 各種シール機:インパルス方式、ヒートシール方式
  • 各種梱包機:製函機、封緘機、梱包機
  • 各種マテハン関連機器:コンベアライン、ロボットパレタイザー
  • 各種搬送機器:コンベア、リフター、台車
  • 各種食品製造機器:レトルト装置、スライサー、フライヤー、冷凍設備

パッケージ部門

  • 複合フィルム
  • 単体フィルム
  • フィルム原反
  • シュリンクフィルム
  • ストレッチフィルム
  • 各種トレー:OPS、PP、PSP
  • カップ、容器
  • ラベル
  • ダンボール
  • コンテナ、パレット
  • 粘着テープ
  • PPバンド

UNAGIうなぎ直売所

大五うなぎ工房本店公式通販ショップ
大五うなぎ工房楽天支店公式通販ショップ
大五うなぎ工房Yahoo!支店公式通販ショップ
大五うなぎ工房アマゾン公式通販ショップ